お知らせ・ブログ

『サンミネーラ』散布していたら…

2018.06.11

今日は東北(福島県)のきゅうり・トマト農家さんから、喜びの声が届きました。

『サンミネーラ』を散布していたら、葉がシャキッと締まって、ウドンコ病が出ません。カビ病も出そうにありません。

『サンミネーラ』を散布していたら、ほとんど消毒しなくていい感じがします!と、驚きと感動の声を頂きました。

あまりにも良かったと喜ばれるので、使用状況を尋ねてみたら、指示したことと違っていることがわかった。

『サンミネーラ』は5,000~10,000倍希釈で散布をすすめていたのですが、計量しにくいから水20リットルにサンミネーラ20cc入れて散布していると言われ、こちらの方が驚きました。指示とは一桁違った希釈倍数(1,000倍)で散布されていました。

確かに、その使用方法だったら、窒素がほとんど消化され、病害の発生は見られないでしょう。ただし、ミネラル(Mg)の働きで光合成が盛んになり、緑化がすすむことを伝えました。

まさしくその通り、葉色が濃く、一見窒素過多のように見えるけど、まったく窒素過多ではなく、緑化が進んだ感じがすると言われました。

窒素過多だったら、ウドンコ病が出るので、窒素が少ないことがわかったとも言われました。これからもいろいろ試してみたい❗と言われ、農業を楽しんでいらっしゃる様子が感じとれました。感謝!

一覧ページへ戻る

最近の記事

アーカイブ

pagetop